簡単ダイエットの基本(1)

簡単とはいえダイエットをするときには押さえておかなくてはならない基本的な知識というものがあります。ダイエットは運動や食事など生活習慣に深く関わってくる行動ですので間違った知識を持っていると健康を害したり、調子が悪くなってしまう恐れがあります。痩せたいからと言って急な食事制限や、過度な運動などは当然体によくありませんし、サプリメントを使うという場合にも、知識をもってもちいるのと僧でないのでは大きな差が出ます。何事もやればやるほど効果が出るという物ではありません。しっかりとした知識を身につけた上で正しいダイエットをすることでより、効率の良い生活を目指していきましょう。

無理な食事制限は厳禁

簡単なダイエット方法を考えるとき一番手っ取り早く痩せられるのではないかと考えられるのが、食事制限です。しかし、これは大きな間違いなのです。他のホームページや、書籍などでも広く取り上げられているのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、無理な食事制限は逆に体を太らせてしまう恐れもあり、もちろん健康にも悪いため絶対にしてはいけない行為です。ダイエットフードを摂取しながらダイエットしたほうが何倍も体にいいと言われています。

この無理な食事制限が良くないとうことにはちゃんとした理由があります。ものを食べていた体が急に何も摂取しなくなると体は食べるものがなくなってしまったと勘違いして、外から栄養分を摂取するのをやめ、脂肪として蓄積することで体を食料がなくても生きていける用に調節しようとします。なので、逆に脂肪が増えてしまうことになり体重が増えてしまうというわけです。よく、ダイエットに失敗した人がリバウンドでさらに太ってしまったという話を聞きますが、実はこのメガにズムがその原因なのです。

つまり、過度な食事制限を何日か行うことによって体が食料がなくても絶えられるように食べたものを脂肪として取り込むという状態にシフトしてしまっているときに、ダイエットを止めてしまい。通常の食事量に戻してしまったことによって、体の動きで消費されるはずだったエネルギーまで脂肪として体が蓄積してしまい。通常よりも脂肪の付きが多くなって前の体重よりも増えてしまったというわけです。

確かに、食事を減らすことによって体重は減るかもしれませんが、問題はその量です。元々多く食べていたという人が急に過度な食事制限をしても、将来的にその食事量を続けていけるとはとても思えません。それなら食事の質を見直して脂肪やタンパク質、炭水化物などの量を減らしてみたり、無理のない食事制限を設けて、ずっと続けられる様にプログラムを組んだ方が将来的には絶対にダイエットに繋がります。

もしも急激な食事制限で一時的に痩せることが出来たとしても目的を達成したあと食事の量が戻ってしまえば、体は蓄積モードに入っていますのです、消費されづらい太りやすい体にどんどんエネルギーが蓄積されていき、結局は元と同じか、それ以上の体重にまで戻ってしまうことが簡単に予想出来ます。そのようなことにならないために、無理のない所から初めて、長く続けるという長いスパンでダイエットをとらえることが食事制限という分野でも大切になってくるのです。

Favorite

最終更新日:2018/4/16